銀行振込サンクスメール

銀行振込サンクスメールもバージョンアップです

2018年12月15日
銀行振込サンクスメール】もバージョンアップしました。
fopenでインターネット上のファイル内容を取得できない時が主な変更点です。

銀行振込サンクスメール】の前に、テストに待が生じる【PayPal毎度ありがとうメール】を先に修正しテストを仕込みました。
その時、1つ前のバージョンでバグを作ってしまったことに気が付き、急遽バージョンアップしました。
バグとバグが重なると・・・?をコピーして使っている部分があり、そこがバグになってしまってました。
他のツールでも同じことをしている可能性があるため、全ツールを再点検、ないことを確認しました。

いや、ソースを触るって本当に気を使います。

PHPコーディング

fopenでインターネット上のファイル内容を取得できない時

2018年12月14日
PHPのfopen関数は、ファイル名にURLを指定するとURLの内容を取得できます。
ところが、セキュリティ設定が厳しいレンタルサーバーではこの機能がオフになっていることがあります。外部の悪意あるファイルを読み込まないとも限らないからです。

ネットビジネス便利ツール】が販売しているツールではユーザー様に対するお知らせをこちらのサーバーにアップロード、ユーザー様がインストールなさったツールからfopen関数でお知らせを取得して表示しています。
バージョンアップのお知らせや大切な事をお知らせするのに使っています。メールでもお送りしますが、アドレスが変わった場合でも見られるようにしています。
もちろん悪さはしません。ファイル内容もただのテキストでソースコードは一切ないファイルです。まあ本当に悪さをしようと思ったら、お知らせなんかよりツール内部に入れるよね普通。

ツールの機能に直接影響するわけではありませんが、やはりきちんと取得できた方がいいので改善しました。


fopen関数でURLが取得できない場合は、【allow_url_fopen】が【Off】になっています。php.iniで変更できます。

allow_url_fopen = On

以前はソースからも変更できたようです。
不特定多数に配るツールなので、php.iniを変更してもらう説明は面倒です。fopen関数の代わりにcURL関数を使うことにしました。

$strNewsURL = お知らせのURL
$objCH = curl_init();
curl_setopt($objCH, CURLOPT_URL, $strNewsURL);
curl_setopt($objCH, CURLOPT_RETURNTRANSFER, true);
$strNews = curl_exec($objCH);
curl_close($objCH);


他にも少々修正を加えて、【PayPalオートメール】のバージョンアップをしました。

グッズ

今回は猫ではなくエナガとオコジョが可愛くて

2018年12月13日
たいてい猫が可愛くてグッズを買ってしまいますが、今回はエナガとオコジョが可愛くてシールを買ってしまいました。キャンドゥです。
写真 写真

写真

エナガとオコジョ以外にもシロクマとアザラシ(多分)もあります。
手帳に貼ろうっと。

ビジネス羅針盤 ステップメール

ステップメールシステムのバージョンアップをやっとリリース

2018年12月12日
かなり前からずっと修正していた【ビジネス羅針盤 ステップメール】のバージョンアップをやっとリリースできました。

完成は少し前にしていたのですが、テストとして自分のビジネスで動かしてみていたためリリースまでに時間がかかってしまいました。
もちろんテストはテストで行うのですが、最後のテストとして自分のところで実働させています。
ステップメールシステムの改変終了ですの後、更に修正をしていました。

今回はPHP7で動くことを確認し、よりセキュアなソースへ変更しました。
機能の追加はありません。

メンテナンス

制汗剤を使って引き戸を滑らかに

2018年12月11日
TVで制汗剤を引き戸のレールにスプレーすると、引きが滑らかになるとやっていました。制汗剤も1年経過すると効き目がなくなるそうです。もう何年も前の制汗剤が家にもあります。そして引き戸が擦れます。なんてちょうどいい。
写真
とてつもなく古い8☓4。

今年の春に戸車を交換して(引戸の戸車の交換)、戸車はスムーズになったのですが、上が微妙に擦れるようになったのです。

メインで過ごす部屋を南に移動したことで、引き戸の開け閉めをするようになりました。毎回擦れるのが気になります。

引き戸の上のレール部分に吹きかけてみました。
写真

驚くほどスムーズになりました!!
こんなんで変わるのって嬉しい驚きです。

ただ、匂いと微粒子が漂います。夜にやったので空気の入れ替えをするには寒く、我慢しました。おやりになる場合はお昼間にどうぞ。

サーバー

SSH接続の鍵をed25519方式に変更

2018年12月10日
使っているレンタルサーバー会社から、『SSHのDSA(ssh-dss)公開鍵による認証を廃止する』と連絡がありました。

TeraTermから接続する時SSHで接続しています。
鍵を使って接続していますが、どの方式だったかな。お恥ずかしい話ですが、滅多に使わないので気にしたことがなかったです。
(以前の記事 ⇒ sshでサーバーに接続

ssh-keygen -l -f 公開鍵ファイルへのパス
で鍵方式が調べられるそうです。

TeraTermでサーバーへ接続して調べました。RSA方式でした(後でファイル名を見たらRSAと入っていました)。
このまま使えるのだと思いますが、ちょうど手もすいていたので、一番安全なed25519方式へ変更してみました。

サーバーで鍵を作成するようです。
ssh-keygen -t ed25519
なのだとか。
SSH接続にて、ed25519の公開鍵+パスワードの二段階認証を行う
の解説がわかりやすかったです。詳しくは上のサイトをご覧ください。
とても簡単に書くと、
サーバーで公開鍵と秘密鍵の2種類を作って(ファイルでできる)、
公開鍵をサーバーの.sshディレクトリに置いてパーミッションを600に設定、
公開鍵ファイルをauthorized_keysへリネーム、
秘密鍵をPCなどクライアントにダウンロードしてサーバーから削除、
ターミナルから接続する時、パスフレーズと秘密鍵を使って接続、
ということになります。

普通はサーバーで鍵を作るのだと思いますが、TeraTermで作成することにしました。
この場合、ダウンロードとアップロードが逆になって、
TeraTermで公開鍵と秘密鍵の2種類を作って、
公開鍵をサーバーの.sshにファイル名authorized_keysでアップロードしてパーミッションを600に設定、
ターミナルから接続する時、クライアントに残した秘密鍵とパスフレーズを使って接続、
になります。


ターミナルソフトから接続するアカウントが複数あるので、鍵も複数作るべきなのでしょうけど、接続するのは私だけですし、同じ鍵で接続できる方が便利なのです。
ターミナルを使うことは滅多にないので、あれこれやっているとわけがわからなくなってしまいます。

サーバーで鍵を作ると、アカウントごとに違う鍵が作成されますが、TeraTermで作成すると共通にすることができるのです。

これでほとんど今まで通りに使えます。

PayPal毎度ありがとうメール

【PayPal毎度ありがとうメール】のバージョンアップ

2018年12月09日
PayPal毎度ありがとうメール】をバージョンアップしました。
今回はより良いソースにするための修正と、動きの細かな修正をしました。

定期購読のツールなので、PayPal Sandboxでテスト購入し、2サイクル回るのを待っていました。日毎に支払いがあるように設定してもいいのですが、忘れて1週間サイクルのままテストを始めてしまい、面倒なのでそのまま待ちました。
テストで1週間待つのは結構長いですね。一昨日テストが終わったのでリリースです。
2018年03月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
先月
来月
カテゴリ
検索
関連サイト
プロフィール
【ネットネーム】
みゅー

キャラクター by ツカエルサイト


【趣味】
・プログラミング
・写真
・楽器演奏
・手芸
・日曜大工
・家の中の不便を便利に
・考える
・自然科学
・猫と戯れる
・ジグソーパズル

【仕事】
・派遣社員でSE・PGやっていました。次の良い仕事がみつからないので、ビジネスへ注力しようと思っています。
・経験言語:VB6、VB.NET、PHP、Perl、JAVA、Oracle、SQLServer、PostgreSQL



【名前】
アン(足)

2014年4月22日生まれ 女の子
あだ名は くノ一
普段は普通にしゃべりますが、興奮すると『ニャ』を連発します

【趣味】
・狩
・ご飯を食べる
・ママのお手伝い

【仕事】
ママのビジネスの看板招き猫
ママの代わりにPC入力
仕事中のママの右腕を温める
ママに心配をかける
いろんな事をしでかしてママを退屈させない

RSSフィード
Tweet