ミミ(耳)

悲しみの第2波

2014年09月10日
最近、ミミを失った悲しさが再度襲ってくるようになりました。悲しみの第2波でしょうか。そういう時期なのでしょうか。

アンが家に来てから、もちろんミミのことを考えると悲しかったのですが、アンの世話をしなければならず、しばらくは長時間悲しいというより、短時間にとても深い悲しみを感じていました。

アンが離乳し、動きも活発になり、アンに気を取られ、ミミのいない悲しさは少し遠のいたように感じていました。

ですが、アンが少し手が離れたこともあるのでしょうか。ミミの事を思い出し、悲しくなる事が多くなりました。

よく、『この子(猫)を家族として迎えてください』という台詞を聞きますが、私の中ではミミは家族というより、相棒でした。

余りにもストレスの溜まる職場環境にいた時ミミを迎えました。たまらなかったのです。
ストレスのせいでしょう、片頭痛は毎日のように起こっていましたし、胃も荒れていました。ですが、特に大きな病気もせず転勤を迎えることができたのは、ミミがいてくれたおかげだと思ってます。
私の後任者は、私がいたときより環境は幾分か改善されているのに、円形禿が幾つかできてしまい、大変な思いをしたたそうです。人間が違うので一律に比較はできませんが、それだけストレスの大きい職場だったのです。

ミミがいなかったら私も同じような目に会っていたと思います。
最高の相棒だったのです。

また会いたいな・・・
2014年09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
先月
来月
カテゴリ
検索
関連サイト
プロフィール
【ネットネーム】
みゅー

キャラクター by ツカエルサイト


【趣味】
・プログラミング
・写真
・楽器演奏
・手芸
・日曜大工
・家の中の不便を便利に
・考える
・自然科学
・猫と戯れる
・ジグソーパズル

【仕事】
・派遣社員でSE・PGやっていました。次の良い仕事がみつからないので、ビジネスへ注力しようと思っています。
・経験言語:VB6、VB.NET、PHP、Perl、JAVA、Oracle、SQLServer、PostgreSQL



【名前】
アン(足)

2014年4月22日生まれ 女の子
あだ名は くノ一
普段は普通にしゃべりますが、興奮すると『ニャ』を連発します

【趣味】
・狩
・ご飯を食べる
・ママのお手伝い

【仕事】
ママのビジネスの看板招き猫
ママの代わりにPC入力
仕事中のママの右腕を温める
ママに心配をかける
いろんな事をしでかしてママを退屈させない

RSSフィード