アフィリエイトCGI

2016-2017年PayPalのセキュリティ計画への対応完了

2017年07月03日
2017年6月30日か7月1日に、PayPalのセキュリティが新しくてより安全なバージョンへ移行しました。

それに向けて、ネットビジネス便利ツールで販売しているPayPal関連ツール、
PayPalで楽アフィリエイト
PayPalオートメール
PayPal毎度ありがとうメール
の3つを2016-2017年PayPalのセキュリティ計画に対応させました。

それでも何か不具合が起こりはしないかと心配していたのですが、昨日ユーザー様のお一人から新しくなってもきちんと動いていることを確認しました、とご連絡をいただきました。

良かった! 本当に良かった!! かなりホッとしました。
もしツールが動いていないようならソースを書き換えなければならず、覚悟だけはしていました。事前のテストでは大丈夫でも、何が起こるかわかりませんからね。スタンバイだけはしていました。

後は新しいセキュリティに対応していないサーバーで動かしておられるユーザー様が万が一おられたら、何か言ってこられるかもしれません。
ですが、サーバーが対応してくれないものはこちらでは何ともできないのです。

私の果たすべき責任はこれで全うしました!
この件は終了です。

さあ、気持ちよく次の事に取り掛かろう!

PayPalオートメール

PayPalのSSL証明書のアップグレード

2015年05月03日
2015年3月下旬、PayPalから【実装環境のアップグレードについての重要なお知らせ】というメールが届きました。
ネットビジネス便利ツールで販売しているツールの内、【PayPalオートメール】、【PayPal毎度ありがとうメール】、【PayPalで楽アフィリエイト】に関係してきます。

私の所へメールが送られてくる前に、【PayPalオートメール】のユーザーさんからお問い合わせがあり、その日の内に、既に実装済みというPayPal Sandboxで動作確認しました。
大丈夫だったので、今日まで何もしなかったのですが、ゴールデンウィークだし、腰を据えて確認してみました。

2つのアップグレードを行うそうです。
1つ目はVeriSignの信頼されたルート証明書のバージョンの変更
2つ目は証明書の署名アルゴリズムをSHA-256に変更

1つ目はすでにSandboxに実装してあるそうです。
以前確認したように、ツールの方で何かする必要はなく、今のままで動作します。

2つ目ですが、これはまだ確認ができないようです。2016年になってからのようです。

ということで、
PayPalオートメール】、【PayPal毎度ありがとうメール】、【PayPalで楽アフィリエイト
は今のところ、何もしなくても大丈夫です。

2015年の暮れに、また何か情報が出るでしょうから、2つ目の確認をすることにします。

PayPalオートメール

価格別メールがやっと仕上がりました

2013年06月16日
価格別に異なるメールを送るで書いたように、悩みに悩んでいた、【PayPalオートメール】で価格毎に別々のメールを送る機能がやっと完成しました。

どのようにデータを保存すれば思っている機能が実現できるかはすぐに決まったのですが、ユーザーさんの入力画面をどうするかで悩みに悩みました。
右往左往、行ったり来たり、一歩進んで三歩下がる、という状況でした。

要望なさったユーザーさんにはプレリリースしました。
今は少し寝かせて、こうした方がいい、あのテストをし忘れている、など思いつかないか待っています。

マニュアルも書かなければいけません。マニュアルを書いていて、このロジックを入れておかなければと思いついたことも何度かあります。
自分の作ったツールを、ユーザーさんの視点から見直すことになるので、新たな発見があることもあります。

やっと完成して嬉しいので、もう少し頑張ろう!

PayPalオートメール

価格別に異なるメールを送る

2013年06月03日
1つの商品に複数の価格がある場合(サイズ違いなど)、価格毎に異なるサンキューメールを送信できるように、【PayPalオートメール】をバージョンアップしようとしています。

どのようにすれば実現できるか、さほど難しくはないのですが、問題はユーザーさんの入力画面です。今までの仕様と整合性を持たせながら、新しい仕様も直感的に分かりやすくしようとすると、かなり難しいのです。

これだと思ってコーディングを始めても、やっぱり駄目だ、の繰り返しで、右往左往しています。

需要はあると思うので、なんとか実現したいのですが、何かよいアイディアはないものか・・・

PayPalオートメール

SSL接続のみになったようです

2012年09月07日
PayPalオートメール】では、cURL関数がインストールされていない場合にのみ、補助的に非SSL接続するように書いています。

昨日cURL関数のことを調べているとき、非SSL接続でもエラーが起こっていることに気が付きました。
今日はこのことを突っ込んで調べてみました。

PayPalオートメール】をリリースしたときは、非SSL接続も正常に動いていたので、おそらくその後PayPalの仕様が変わったのでしょう。

返ってくるメッセージを調べたら、http 302が返ってきていました。

調べると、世界中で(?)困っている人がいたらしく、解決法が出てきました。
PayPal IPN _notify-validate throws Error 302 in Sandbox - Stack Overflow
Mark's Tech Stuff: HTTP/1.0 302 Found - PayPal IPN in PHP

どうやら、SSL接続のみになったのではないかと思われます。
PayPalのマニュアルでもSSLを強く推奨していますし、まぁそうでしょう。
非SSL接続だと、PayPalが接続を拒否しています。

全てのユーザーさんにサーバーでSSLを使えるようにして貰うのは酷なので、【PayPalオートメール】では、cURL関数を使っています。
メジャーなサーバーにはインストールされていることは確認済みです。

一応cURL関数がインストールされていない場合は、fsockopenでSSL接続するように書き換えました。

PayPalオートメール

cURL関数がおかしい?

2012年09月06日
PayPalオートメール】のユーザーさんから、どうしても動かないとの連絡がありました。
外からあれこれ調べてみたのですが、どうしても原因がわかりませんでした。

結局そのユーザーさんのサーバーアカウントをお借りして調べることになりました。

色々な情報を吐かせながら、どこが原因で動かないのか切り分けをしていくと、どうやら【PayPalオートメール】からPayPalへ接続するところで躓いていることがわかりました。

PayPalオートメール】はPHPのcURL関数を使って、PayPalにSSL接続をしています。
どうも【curl_setopt】関数がおかしい動きをしているようなのです。

PayPalからサンプルとして提供されているソースを基盤に作っているんですがね・・・

まず、
curl_setopt($ch, CURLOPT_SSL_VERIFYPEER, false);
を走らせるとエラーで止まります。
仕方ないのでコメントアウトして走らせてみました。

他の色々なオプションを設定して、
curl_exec($ch);
を実行します。エラーが起こった場合、falseが返ってくるそうなのですが、何も返ってきません。
curl_errno($ch);
でエラー番号が、
curl_error($ch);
でエラーメッセージが取得できるので、出力させてみました。
すると、
Unknown SSL protocol error in connection to www.sandbox.paypal.com:443
のメッセージが・・・
何じゃ?

そのサーバーの別のアカウントで全く同じソースを走らせてみたのですが、何の問題もなく、あっけないほどあっさりと、走りました。

ということは、動かないそのアカウントが何かおかしくなってる?
PHPのマニュアルを見ると、【CURLOPT_SSL_VERIFYPEER】は【7.10 以降、デフォルトでインストールされています。】とあります。もしかして、バージョンが違う???
でもバージョンの違いで【Unknown SSL protocol・・・】というのもおかしいかな。
バージョンによって設定しなければいけないオプションが違う??

【CURLOPT_SSL_VERIFYPEER】オプションは動かさなくても、【Unknown SSL protocol・・・】エラーが出るので、今のところどうにもならないか・・・

まぁこれ以上は私には無理と判断したので、サーバーの管理者も巻き込んでもらうことにしました。

ユーザーさんからも、他のサーバーにインストールしてみたら、すんなり動いたと連絡がありました。

一体何なのか。すっきりしないです。

PayPalオートメール

結構盛りだくさん?

2012年05月10日
PayPalオートメール】のバージョンアップがもうすぐです。
ツールそのもののバージョンアップは済んでいるのですが、販売に向けての準備をしています。こちらの方が結構手間だったりします。

今回のバージョンアップでは、
・Express Checkout 決済への対応しました。
・決済完了後に表示するサンキューページへ決済データを挿入できるようにしました。
・1つの商品に複数の価格を設定できるようにしました。

細々した機能アップは色々あります。
あとまだ確認したいことがあるのですが、PayPalから返事が来ません。待ちの状態です。

さぁあと少しだ!

PayPalオートメール

PayPal for Digital Good 対応

2011年07月04日
PayPalオートメール】を【PayPal for Digital Good(マイクロペイメント)】に対応させました。

PayPal for Digital Good】とは、PayPalが新しく始めた小額決済用のサービスです。
ビジネスアカウントとプレミアアカウントで利用できます。PayPalのサイトにはビジネスアカウントしか書いてありませんが、プレミアアカウントでも利用できることをPayPalに確認しました。

今までのマイクロペイメントでは、PayPalのアカウントを2つ持つ必要がありましたが、【PayPal for Digital Good】では1つのアカウントで利用できます。

PayPalは決済手数料が安いのが魅力ですが、【PayPal for Digital Good】の利用を申し込むと、2357円まで(月間売上高によって変わります)の商品なら、更に安い手数料で決済ができるようになります。

例えば、1000円の商品を販売した場合、
 通常:76円(マーチャントレート3.6%(最も高いレート)で計算)
 Digital Goods:57円
19円お得です。
たったかもしれませんが、塵も積もれば山となります。

このサービスを利用できるように、【PayPalオートメール】をバージョンアップしました。

もちろん私も使ってます。

PayPalオートメール

メールボックスが溢れる

2011年04月29日
PayPalオートメール】をご購入くださったユーザーさんから、またヘルプが。
突然、メールが送信されなくなってしまったということです。
PayPalから決済があったことを知らせるメールも届かなくなったようです。

なにもしていないのに、突然ということなので、PayPal本体か、PayPalオートメールをインストールしているサーバーの環境が変化したか、が原因と思われます。

まずはPayPalの線で探してみました。
Webにはバグ情報は上がってませんでしたが、26日にTwitterに入金していた資金が消えてしまったというつぶやきが。
もしかして、PayPalのバグ?

でもそのユーザーさんに確認してもらうと、PayPalからは購入者データが送信されてきていることが判明しました。
となると、サーバーの環境が変わった?

そのユーザーさんのサーバーを見てみると、これまた26日にサーバーリニューアルしたとのこと。
これか!原因は。

考えられる原因を潰していきます。
差出人と受取人が同じアドレスだと送信しないサーバーもあります。
セキュリティが強化されて送信を拒否されている可能性もあるので、アドレスを変更してテストしてみてもらいました。
でもこれでも、だめ。

サーバーとPayPalに問い合わせのメールを送信したので、結果を待ちます、とユーザーさんから連絡があったので、とりあえず中断して寝ることにしました。

次の日、サーバーから連絡があったようです。
メールボックスが一杯になっていたことが原因でした。
サーバーのメールを削除したら、ちゃんと動くようになったようです。
よかった!

PayPalオートメール

販売が開始されています

2011年04月22日
PayPalオートメール】をご購入くださったユーザーさんが、震災のチャリティ商品の販売を始められました。
株式会社アイビア/東北地震復興支援企画 がんばれ日本!ヘッダー募金プロジェクト
手数料・経費を除いて、全て寄付されるそうです。

このために、一ヶ月間本業をほったらかして頑張られてました。
その行動力に頭がさがります。

その決済に【PayPalオートメール】を利用されています。
PayPalは手数料が安いですからね。その分寄付に回せます。

PayPalオートメール

素敵な出会いでした

2011年04月21日
PayPalオートメール】をご購入されたユーザーさんのサーバーでツールがちゃんと動かず、ずっと調査していました。

結局サーバーにインストールされているメール送信ソフトのバグだったのですが、それが分かるまで色々試す羽目になっていまいました。
ユーザーさんにはかなりお待ちいただいた上、テストにつき合わせてしまいました。
そういうバグがあるソフトがあることは知っていましたが、まさかそのユーザーさんのサーバーにそのソフトがインストールされているとは!!
もっと早く『もしや』と思っていれば、もう少し早く解決していたかもしれません。

それがやっと動くようになり、いよいよ目的の商品を販売され始めるようです。

まぁ私のせいではないのですが、ユーザーさんのせいではもっとありません。
なのに、とても感謝してくださいました。

もしかすると実データに問題があるかもしれないので、調査のためどんなメールを送信されるのかデータをいただきました。
その過程でわかったのですが、今回の震災のチャリティ商品を販売されるのです。
私もチャリティツールの販売をしようかと思いつつ、まだアクションを起こせずにいます。いい意味で先を越されたぁ〜と思いました。
そして、チャリティにご利用なら、全面的にご協力いたします、とお伝えしました。

とても行動力のある方で、約1ヶ月間本業をほったらかして、チャリティ商品を開発されていたそうです。
いやはや、すごい。
そのユーザーさんのブログです。
アメブロ無限集客術 アメブロを使って無限に集客をする裏ワザを暴露!

本業はアイス屋さんだそうで、お礼にアイスを送りたいとおっしゃってくださいました。
そのお気持ちがとても、とても嬉しいです。
卵・牛乳不使用の、とっても素敵なアイスなので、いただいてみたいのは山々なんですが、なにせ一ヶ月間本業をほったらかしでチャリティに専念なさっておられた方に、それではお言葉に甘えて、とはさすがに言えませんでした。

まじめに(それだけがとりえ?)ビジネスをしていれば、いい事ありますね!

微力ながら、ユーザーさんのお手伝いだけでなく、チャリティのお手伝いができたかもしれないこと、とても嬉しく思っています。

PayPalオートメール

メールの文字化け??

2010年09月15日
PayPalオートメール】のユーザーさんから、特定の環境で、文字化けが起こっている、との連絡を受けて、ずっと調査していました。

Becky!、Liveメール、Outlook、Outlook Expressで起こっているようです。

私はBeckyを使っていますが、一度も化けたことはありません。

ユーザーさんが化けたメールを表示している画像を送ってくださいました。

観てみると・・・
添付ファイルを添付として認識していません。
本文は化けておらず、本文の後ろにBase64でエンコードした添付がくっついています。

急遽、Liveメール、Outlook、Oytlook Expressをインストールして、同様にテストしてみました。
何度やっても化けません・・・ なぜだぁ〜〜〜〜

Liveメールで化けたメールをユーザーさんが手に入れてテキストファイルにして送ってくださいました。
調べると、UTF-8で送信しているのに、ISO-2022-JPでデコードされていました。
更によく観ると、メールのヘッダのSubjectの先頭が欠落しているではありませんか!

もしかすると、ファイルにするときコピペを誤っただけかもしれませんが。

後一点、改行コードが必要以上なのも気になりますが・・・
でもこちらで同じサブジェクトで送信し、そのメールのソースをチェックしましたが、改行コードが多いなんてことはありませんでした。
???

とにかく何度やっても、再現しないのです。

で、Liveメールで送信時のエンコードをISO-2022-JPに設定、受信時のデコードを作成メールと同じ、という設定にすると、(当たり前ですが)見事に化けました。
おそらくこれが原因でしょう。

Outlookのデコード方式を全体に設定する方法が分からずこちらは断念。
あまり実りのある作業とは思えないので打ち切ります。

送信しているメールは、フォーマットに従っています。
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/netpro03/netpro01.html
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/netpro04/netpro01.html

これが違っていると問題ですが、きちんとしたがっているので、これにて終了!

ですが、8ビットに対応していないサーバーを経由すると、文字化けが起こる可能性がある、とのことなので、UTF-8で送信する場合、8bitで送信するか、base64でエンコードして送信するかを選択できる機能を付け加えました。

PayPalオートメール

詰めが甘い私・・・

2010年06月26日
確かにたくさんソフトのリリースやら修正やらしましたが、それにしても肝心なテストをし忘れて(したと思っていた)バグを作ってしまいました。

色々なソフトにちょっとずつ設定ミスやバグを作ってしまっています。最後の最後の詰めが甘い私・・・
反省。

急いでバグを潰しました。

PayPalオートメール

PHPのセーフモード

2010年06月18日
ずっと以前PHPがセーフモードで動いているせいで、【PayPalオートメール】のメールが送信できない現象が出ていました。
とっくにバージョンアップで対応していたのですが、ユーザーさんから動かないと連絡がありました。
もちろんバージョンアップの連絡はしています。

サーバーのPHPを通常モードに変更してもらったらすんなり動いたそうです。

なんのためのバージョンアップなんだか。

そもそもPHPのデフォルトがセーフモードで動いているサーバーというのも・・・

PayPalオートメール

困った人

2010年05月15日
以前、PayPalの機能を色々調べていて見つけたのですが、私が配布している【PayPalオートメール】のページを丸々そのまま載せているページに気がつきました。

当然ソフトは再配布を認めていません。
Webページの転載も認めていません。

そのほかのページをよく見てみると、他にもぱくっている箇所が見つかりました。
その方、仮にもWebコンサルタントを名乗っています。

しかも、名前だけでなく、住所、電話番号まで結構目立つところに載せています。
もしかして、悪いと思っていないのか???

著作権違反だぞ。
こんなことをしてはいけません。信頼を失います。
ソフトを紹介したければ、自分の言葉で紹介しましょう。

まさか再配布してはいないでしょうね、ってことで、知らん顔してメール送ってみました。「使ってみたいんだけど、どうすれば手に入りますか?」って。

まぁ最悪の状況ではなかったです。
Vectorのダウンロードサイトを言ってきました。

やれやれ。
それにしても困った人。

PayPalオートメール

PayPalオートメール 拡張版の販売開始!

2009年09月15日
PayPalの決済完了時に自動で独自メールを送るツール、【PayPalオートメール】で、添付ファイルやhtml形式のメールを送信できるようにバージョンアップ中でしたが完成し、販売を開始することになりました。
商品名を【PayPalオートメール extension】としました。そのまんま。


【PayPalオートメール】は無料ですが、【PayPalオートメール extension】は980円で販売です。

無料版と違うのは、
・添付ファイルが3つまでつけられる
・html形式メールが送れる
・テストモードと本番モードがボタン1つで変更できる
・購入者データを、メールアドレス、購入日で絞り込んでcsv出力できる
です。


〔添付ファイル〕
  ダウンロードタイプの商品なら、添付して送ることも可能になります。
  
  また購入された商品だけでなく、関連商品やより価値の高い商品など
  次に購入して欲しい商品の紹介pdf(カタログ)なども添付することが
  できます。
  より効果的なセールスができるようになるでしょう。

〔html形式メール〕
  プレーンテキストメールに比べ、スタイリッシュなメールを送ることが
  できるようになります。
  
  商品購入のお礼のあとに、クロスセリングやアップセリングを行い、
  注文ボタンを配したメールを送ることもできます。
  
  また、htmlが表示できないメーラーのための代替本文も設定できます。

〔csv出力〕
  商品ごとに購入者のデータをcsvで出力することができます。
  メールアドレスはlike検索、購入日は範囲を指定して出力できます。
  ファイルの文字コードも、EUC-JP、JIS、SJIS、UTF-8から選べます。

〔テストモード〕
  今までは、テストする場合は【define.inc】を書き換えていましたが、
  ボタン1つでテストモードと本番モードが切り替えられます。
  
  購入者データファイルとエラーログファイルも本番とテストで
  別ファイルに保存します。
  
  また、テストしたい商品のみテストモードで動かすことができるので、
  他に登録している商品に影響を与えることはありません。
  
  PayPalのテストサイト【PayPal Sandbox】から日本語を入力して
  テストすると文字化けしていましたが、これも解消されます。


〔添付ファイル〕、〔html形式メール〕は使い方によってはおもしろいことができるかもしれません。

【PayPalオートメール extension】は、【PayPalオートメール】をダウンロードされた方だけに販売する予定です。

まずは無料版をお使いいただいて、拡張版の機能が必要だと思われた方に買っていただく方向です。

PayPalオートメール

PayPalオートメールの紹介

2009年09月08日
たくさんの方にダウンロードいただいた、【PayPalオートメール】ですが、Googleのウェブマスターツールを観ていて某サイトで紹介されていることに気がつきました。

紹介文を読んで、思わず笑ってしまいました。
『・・・PayPalは決済完了時にメールを送る機能がないけど、それを可能にするツールがあります。それも無料で!今は無料ですがいつ1万円になるかわからないのでダウンロードだけでもしておきましょう。』という趣旨でした。

たしかにダウンロードページに今は無料ですと書いてるんですけどね。
ありがたい&うまいこと書くなぁ(文章が上手)と思いました。


【PayPalオートメール】は自分では全く紹介していません。Vectorと夢幻に登録しただけです。

数週間後に紹介し始めようと思っていたら、ある方が紹介してくださり、いきなり200近くのダウンロード・・・(事前に言って欲しかった)腰が抜けました。ありがたいことです。

さて、拡張機能版のPayPalオートメール、どうしようかなぁ。

PayPalオートメール

PayPalオートメールの機能アップ

2009年09月03日
PayPalの決済完了時に自動で独自メールを送るツール、【PayPalオートメール】で、添付ファイルやhtml形式のメールを送信できるようにバージョンアップ中でしたが、実装できました。

でも、これは有料にしようかと思ってます。有料と言っても500〜1000円くらいで考えてます。

無料版と違うのは、
・html形式メールが送れる
・添付ファイルがつけられる
・テストモードと本番モードがボタン1つで変更できる
ようにしようと考えています。

といってもとりあえずの機能ですが。

様子を見て他の機能もつけるかどうか考えます。


次はテストモードと本番モードの切替機能の実装だ!

PayPalオートメール

PayPalオートメールで添付ファイルを送る

2009年08月21日
好評いただいているPayPalの決済完了時に自動で独自メールを送るツール、【PayPalオートメール】で、添付ファイルを送信できるように改良中です。

いままでは、PHPの【mb_send_mail】関数を使って簡単にメールを送っていました。
【mb_send_mail】はサブジェクトや本文など引き渡すと、自動でヘッダを作って送ってくれます。
楽チンでいいのですが、添付ファイルやhtml形式のメールは送信できません。

添付ファイルやhtml形式メールを送信するためには、外部ライブラリを利用する手もあります。
PEAR::MailPHPMailerなどです。

確かに、よく利用されているので、バグも少ないだろうし、時間も短縮できるかもしれません。

でも、自分で書いてみることにしました。

時間はかかるかもしれませんが、メール送信の仕様もわかるようになるし、どこか変更したり拡張する場合ソースのどこをつつけばいいかすぐわかります。

これから使う関数は、【mail】です。
自分でヘッダを書かなければいけませんが、その分【mb_send_mail】に比べ自由度が格段に上がります。


しかし、メール送信の仕様がよくわかんらん・・・

PayPalオートメール

嵐の後の寂しさ

2009年07月05日
すさまじい登録のあった【PayPalオートメール】ですが、今日はほとんど登録がありませんでした。
やれやれです。でもなんか寂しい。
嵐の前の静けさならぬ、嵐の後の寂しさといった感じです。

カウントしてみると、
PayPalオートメール】:200少々

インデックスチェッカー】:300弱

なので、以前から公開しているインデックスチェッカーの方がトータルのDL数は多いのですが、一日で100通強登録なんて初めてでした。

PayPalオートメール

ダウンロードが少し落ち着いてきました

2009年07月04日
昨日登録が殺到し、(私が)パニックになった、【PayPalオートメール】。
少々落ち着いてきました。でもちょこちょこ登録があります。

昨日は眠れませんでした。ぐったり疲れているのに、ちゃんと動いているだろうか・・?など心配になり、夜もハラハラしてました。

動かない、といった問い合わせは今のことろありません。

運用前に動かないと言ってきてくれればいいのですが、もっと怖いのは動かし始めて損害が出たといってこられること。

気をつけなければいけないことなどマニュアルに書いていますが、果たして読んでくれているか。

まぁ心配していても仕方ないので、とりあえず静観です。


今日は父母のところに行ってきました。庭にグラジオラスが咲いていました。
グラジオラス

PayPalオートメール

肝がペシャンコに潰れました

2009年07月03日
決済手数料は安いけど、決済完了時の独自メールが送れないPayPal。
サンキューメールのような独自メールが自動で送れるツール、【PayPalオートメール】を無料ツールとして配布しています。

今はVectorに登録しているだけで、そんなにたくさんダウンロードがあるわけではありません。2日に1ダウンロードくらいです。

ところが、今日夕方メールチェックをすると、なんと!! 100通以上のダウンロードが!!!(ダウンロードがあれば自分にメール送信する設定)

今ちょうどサイトのリニューアル(DBの入れ替え)を行っている最中です。
テストのメールにしては多すぎます。

自分がミスだと思いました。自分でも気が付かないところで、大勢の方にメールを送信してしまったのだと思いました。
滅茶苦茶慌てました。データは削除するとしても、送って相手に届いたメールはいかんともしがたい。謝るしかありません。

次に考えたのが、いたずら。WebサーバーやDBサーバーを乗っ取られたと思いました。

一旦サイトを閉じようかと思いました。
そんなことを悩んでいるうちに、次々登録が・・・


一呼吸して、新しく登録されたデータを見てみると、登録間隔も一定ではないし、記入されている名前も、どうやら人間の手で入力されたもののようです。

とりあえず、ハラハラしながら様子を見ていました。

そうこうするうち、ダウンロードされた方から問い合わせのメールがきました。
よかった!! 私のミスでも、乗っ取りでもなかった。

それにしても、138登録です。すごすぎます。怖いです。

どこかで紹介されたのだと思うのですが、何の前触れもなく、どこかもわからず泡を食いました。


気持ちもずいぶん落ち着いてから夕食の準備にとりかかったのですが、そのころになって震えが。手や特に足が震えました。

心底驚きました。どうしようかと思いました。
疲れ果てました。

PayPalオートメール

PayPalは手数料安いけど

2009年03月16日
今度の商品は決済代行にPayPalを使ってみようかと思ってます。
今まではinfotopでした。

PayPalの方が手数料が安いのです。クレジット決済のみで、銀行振込ができないのがいまいちですが。

そこで使う気で色々調べてみました。いつか使いたいと思ってアカウントだけは取得していました。

ソフトウェアのDL販売です。購入者が決済を完了、成功したら、即DL用のURLをメールで送れなければ不便です。

アメリカ発祥のサービスです。一応日本語訳されていますが、なんとなく読みづらい日本語・・・

散々さまよった挙句、決済の成否はメールで購入者にすぐ送られますが、こちらが送りたいメールは設定できないようです。


さらにさまよっていると、決済の情報を指定したURLにPOSTしてくれるようなのです。これを使うと、こちらでメールを送信するスクリプトを作ることができます。

しかし、実際に決済するわけにはいきません。
どうやったらテストできるのかと調べると、テスト用のアカウントがあるあしいことがわかりました。

ところが、日本語化されていないので、英語を読まなければいけません。
英語苦手なんだど。まぁ日本語も苦手だけど・・・

でも、定期購読や会員制にも対応しているようで、毎月の料金徴収や、ID・パスワード送付もやってくれるようです。これは便利ですね。

会員制のサービスをうまく利用すればメールを送ることも可能か?
2017年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
先月
来月
カテゴリ
検索
関連サイト
プロフィール
【ネットネーム】
みゅー

キャラクター by ツカエルサイト


【趣味】
・プログラミング
・写真
・楽器演奏
・手芸
・日曜大工
・家の中の不便を便利に
・考える
・自然科学
・猫と戯れる
・ジグソーパズル

【仕事】
・派遣社員でSE・PGやっていました。次の良い仕事がみつからないので、ビジネスへ注力しようと思っています。
・経験言語:VB6、VB.NET、PHP、Perl、JAVA、Oracle、SQLServer、PostgreSQL



【名前】
アン(足)

2014年4月22日生まれ 女の子
あだ名は くノ一
普段は普通にしゃべりますが、興奮すると『ニャ』を連発します

【趣味】
・狩
・ご飯を食べる
・ママのお手伝い

【仕事】
ママのビジネスの看板招き猫
ママの代わりにPC入力
仕事中のママの右腕を温める
ママに心配をかける
いろんな事をしでかしてママを退屈させない

RSSフィード