ミミ(耳)

山へ

2014年04月14日
17歳で他界した猫(名前ミミ)の闘病記録です。
左メニューのカテゴリ【猫−ミミ(耳)】を表示していただくと全記事が表示されます。


今日は父が休みの日なので、父母私の三人でミミのお墓を作ります。

車で小一時間程の所に、伯父の山があります。ミミのお墓をその山へ作らせてもらいました。

「生きているものは死んだら土に返り、次の命になるんだよ。そうやって命が引き継かれていくんだね。素敵だと思わない?人間も猫も、星も同じなんだよ。私は死んだら宇宙に放り投げてもらって、星の材料になりたいの。でも無理なんだよね。せめて土に還りたいんだけどそれも無理かも。ミミは土に還るようにしたいと思っているけど、ミミはどう思う?」
以前からミミにこんな話を何度かしていました。かわいい声で返事をしたりして、嫌な様子は見せませんでした。

私の思いを押し付けることになるかとも思ったのですが、生きとし生けるものの本来の姿に従うことにしました。

全く何も残らないのは寂しいので、尻尾と腿の毛を少しもらいました。あまり切ると容姿が変わってしまい可愛そうなので、少しにしました。
ミミの好きだった物と一緒に埋めました。次の命になってくれることを祈りながら。
コメントの書き込み
コメント
2018年02月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
先月
来月
カテゴリ
検索
関連サイト
プロフィール
【ネットネーム】
みゅー

キャラクター by ツカエルサイト


【趣味】
・プログラミング
・写真
・楽器演奏
・手芸
・日曜大工
・家の中の不便を便利に
・考える
・自然科学
・猫と戯れる
・ジグソーパズル

【仕事】
・派遣社員でSE・PGやっていました。次の良い仕事がみつからないので、ビジネスへ注力しようと思っています。
・経験言語:VB6、VB.NET、PHP、Perl、JAVA、Oracle、SQLServer、PostgreSQL



【名前】
アン(足)

2014年4月22日生まれ 女の子
あだ名は くノ一
普段は普通にしゃべりますが、興奮すると『ニャ』を連発します

【趣味】
・狩
・ご飯を食べる
・ママのお手伝い

【仕事】
ママのビジネスの看板招き猫
ママの代わりにPC入力
仕事中のママの右腕を温める
ママに心配をかける
いろんな事をしでかしてママを退屈させない

RSSフィード