ミミ(耳)

痙攣、さすると治まる?

2014年03月07日
17歳で他界した猫(名前ミミ)の闘病記録です。
左メニューのカテゴリ【猫−ミミ(耳)】を表示していただくと全記事が表示されます。


4時ごろ、ミミの体がピクピクし始めました。レム睡眠中の筋肉の動きとは少し違うような気がします。レム睡眠中だとしないほうがいいかも、と思いつつも、痙攣を起こすと苦しいだろうからと思い、体をさすってみました。
この時は落ち着いてくれました。

11時ごろ痙攣を起こし、ベッドから転げ落ちてしまいました。

さするのが効果があるのだと嬉しいのですが。

おしっこがあまり出ていない様子です。お腹もむくんできました。

昨日の獣医さんのお話が心にひっかかります。ミミは本当はどう思っているのでしょう。苦しいので殺して欲しいと思っているのでしょうか。

犬や猫は人間の三歳児位の知能があるそうです。このことを知ってから、ミミが本当はどう思っているのか、判断に迷ったらいつも想像しています。『人間の3歳の子供ならどうだろう?』
今回も想像してみました。果たして3歳児に自殺願望があるだろうか?
答えはノーでした。生きようとすると思うのです。
ミミは人間の言葉をしゃべりませんから、本当のところは分かりませんが、生きようとしているはずです。
2014年03月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
先月
来月
カテゴリ
検索
関連サイト
プロフィール
【ネットネーム】
みゅー

キャラクター by ツカエルサイト


【趣味】
・プログラミング
・写真
・楽器演奏
・手芸
・日曜大工
・家の中の不便を便利に
・考える
・自然科学
・猫と戯れる
・ジグソーパズル

【仕事】
・派遣社員でSE・PGやっていました。次の良い仕事がみつからないので、ビジネスへ注力しようと思っています。
・経験言語:VB6、VB.NET、PHP、Perl、JAVA、Oracle、SQLServer、PostgreSQL



【名前】
アン(足)

2014年4月22日生まれ 女の子
あだ名は くノ一
普段は普通にしゃべりますが、興奮すると『ニャ』を連発します

【趣味】
・狩
・ご飯を食べる
・ママのお手伝い

【仕事】
ママのビジネスの看板招き猫
ママの代わりにPC入力
仕事中のママの右腕を温める
ママに心配をかける
いろんな事をしでかしてママを退屈させない

RSSフィード