SQL

Insertしたデータのシーケンスを取得

2009年07月26日
シーケンスを設定しているテーブルにデータをInsertすると、自動でシーケンス番号が登録されます。
この値を取得したい場合があります。

PostgreSQLでは、【RETURNING】という関数が用意されています。
シーケンスフィールドが、【id】だとすると、

INSERT talbe (field) VALUES ('Insertしたい値') RETURNING id;

で割り当てられたシーケンス番号が取得できます。

SELECT id FROM table;
のSQLを発行したときと同じように値が返ってきます。


ところが【RETURNING】関数は、PostgreSQL 8.2以上でサポートされている関数です。
8.2以下だと別の対処法が必要です。

あまり頻繁にデータが登録されるテーブルではないので、【MAX】関数を代用します。

SELECT MAX(id) FROM table;


PostgreSQLのバージョンチェックは、
SELECT version();

です。
コメントの書き込み
コメント
2018年06月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
先月
来月
カテゴリ
検索
関連サイト
プロフィール
【ネットネーム】
みゅー

キャラクター by ツカエルサイト


【趣味】
・プログラミング
・写真
・楽器演奏
・手芸
・日曜大工
・家の中の不便を便利に
・考える
・自然科学
・猫と戯れる
・ジグソーパズル

【仕事】
・派遣社員でSE・PGやっていました。次の良い仕事がみつからないので、ビジネスへ注力しようと思っています。
・経験言語:VB6、VB.NET、PHP、Perl、JAVA、Oracle、SQLServer、PostgreSQL



【名前】
アン(足)

2014年4月22日生まれ 女の子
あだ名は くノ一
普段は普通にしゃべりますが、興奮すると『ニャ』を連発します

【趣味】
・狩
・ご飯を食べる
・ママのお手伝い

【仕事】
ママのビジネスの看板招き猫
ママの代わりにPC入力
仕事中のママの右腕を温める
ママに心配をかける
いろんな事をしでかしてママを退屈させない

RSSフィード