JAVAコーディング

エラー処理

2008年05月19日
try {
  例外が発生する可能性のある処理
    ・
    ・
}

catch (例外型 変数) {
  例外が発生したときの処理
    ・
    ・
}

finally {
  例外が発生しても発生しなくても行う処理
    ・
    ・
}


例外の例としては、0除算、ファイル入出力、DB接続失敗などがあります。



例外を発生させるときは、throw を使います。例外を発生させるメソッドには、throwsを使って定義しておきます。
class classA {
  public static void main(String[] args) {
    try {
      methodA();
    } catch (MyException exception) {
      System.out.println(exception.errMsg);
    }
  }
  static void methodA() throws MyException {
    MyException MyError = new MyException("エラーメッセージ");
    throw MyError;
  }
}
コメントの書き込み
コメント
2018年01月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
先月
来月
カテゴリ
検索
関連サイト
プロフィール
【ネットネーム】
みゅー

キャラクター by ツカエルサイト


【趣味】
・プログラミング
・写真
・楽器演奏
・手芸
・日曜大工
・家の中の不便を便利に
・考える
・自然科学
・猫と戯れる
・ジグソーパズル

【仕事】
・派遣社員でSE・PGやっていました。次の良い仕事がみつからないので、ビジネスへ注力しようと思っています。
・経験言語:VB6、VB.NET、PHP、Perl、JAVA、Oracle、SQLServer、PostgreSQL



【名前】
アン(足)

2014年4月22日生まれ 女の子
あだ名は くノ一
普段は普通にしゃべりますが、興奮すると『ニャ』を連発します

【趣味】
・狩
・ご飯を食べる
・ママのお手伝い

【仕事】
ママのビジネスの看板招き猫
ママの代わりにPC入力
仕事中のママの右腕を温める
ママに心配をかける
いろんな事をしでかしてママを退屈させない

RSSフィード