ミミ(耳)

ミミと車でドライブ?

2014年05月21日
17歳で他界した猫(名前ミミ)の闘病記録です。
左メニューのカテゴリ【猫−ミミ(耳)】を表示していただくと全記事が表示されます。


今日はミミとドライブをした夢を見ました。
人もそうですが、動物も亡くなると、自分が一番輝いていたときの姿になるそうです。
ミミは幼いと若いの間くらいの年齢だったように見えました。

車の中を歩き回っていました。運転席、助手席、後部座席と好きなところへ移動したり、時には人の頭の上に登ったり。

もしかしてあんな風にみんなと出かけたかったのかなぁ。

ミミは生後半年になるかならないかの頃、猫生を変えてしまうような経験をしています。土の匂いが好きで、山で拾ってきた木の実などが入っているビニール袋に自分から入りました。それを見た祖母が、ミミを完全に袋に入れ、『猫を紙袋に押し込んで〜』と歌いながら袋を持ち上げました。
ここまでは良かったのです。ミミも楽しんでいた様子でした。
ですが、袋から出ようとしたときに悲劇が起こりました。

袋の口から出れば何でもなかったのです。ですが出ようとしたのが持ち手の部分だったのです。後ろ足が引っかかってしまい、出られなくなりました。

歩いても歩いても、ビニール袋が『ガサガサ』いいながらついて来ます。
初めは『あれ?あれあれ?』という感じでした。出してあげようと言いながら手を伸ばそうとしたその瞬間、力一杯走り始めたのです。

するとビニール袋は『バサバサ』と音を立ていつまでもついて来ます。逃げれば逃げるほど大きな音を立て、ついて来るのです。

ミミはパニックに陥ってました。

家具の陰へ逃げ込みガタガタ震えていました。
殺されると思ったに違いありません。

これ以来、ビニール袋の音はもちろん、色々なものに怯えるようになってしまいました。

かわいそうなことになってしまいました。祖母も悪意があったわけでありません。もう3秒ほど早く手を伸ばしていれば、悲劇を避けることができたのですが。

私以外の人間を受け入れませんでしたし、もちろん車での移動も怖がってました。
獣医さんへ行くためにミミを助手席に乗せ、私が運転していると、いつもブルブル震えていました。ですが私が抱っこして車に乗っていたら、寝てしまったことがあります。
本当はみんなでドライブしたかったのかな。
コメントの書き込み
コメント
2018年09月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
先月
来月
カテゴリ
検索
関連サイト
プロフィール
【ネットネーム】
みゅー

キャラクター by ツカエルサイト


【趣味】
・プログラミング
・写真
・楽器演奏
・手芸
・日曜大工
・家の中の不便を便利に
・考える
・自然科学
・猫と戯れる
・ジグソーパズル

【仕事】
・派遣社員でSE・PGやっていました。次の良い仕事がみつからないので、ビジネスへ注力しようと思っています。
・経験言語:VB6、VB.NET、PHP、Perl、JAVA、Oracle、SQLServer、PostgreSQL



【名前】
アン(足)

2014年4月22日生まれ 女の子
あだ名は くノ一
普段は普通にしゃべりますが、興奮すると『ニャ』を連発します

【趣味】
・狩
・ご飯を食べる
・ママのお手伝い

【仕事】
ママのビジネスの看板招き猫
ママの代わりにPC入力
仕事中のママの右腕を温める
ママに心配をかける
いろんな事をしでかしてママを退屈させない

RSSフィード